• ごあいさつ
  • 診療案内
  • 院内案内
  • アクセス
  • お知らせ
  • コラム
  • 職員募集
トップページ

院長コラム

  • 2017.06.13

    緑内障の検診について

    42

    みなさんこんにちは!受付の佐藤です。

    早いもので、2017年を迎えてからもう半年が経とうとしています。

    世間ではいよいよ梅雨入りになりましたが、そうとは思えないほど

    天気がいい日が続いていますね。

     

    さて、毎日たくさんの患者様とお会いしていく中で

    中高年に多い「緑内障」で受診される方も多くみえます。

    緑内障とは、視神経の障害により見える範囲が狭まっていく病気です。

    一度、失われた部分の視野は元に戻すことができないので、早期に発見をして

    早い段階から、目薬で進行を遅らせることが重要なのですが

    慢性的な緑内障は、ゆっくりと進行していく為、

    かなり進行しないと自覚症状がない場合が多いです。

    最悪の場合、失明してしまうこともあります。

     

    当院で検診を受けられて、「緑内障の疑いがある」と診断された方は

    image1 (18)

    まず緑内障の、検査方法や治療方法が分かりやすく載っていますので

    こちらに目を通していただきます。

    image1 (16)

    診察後は、緑内障と診断された方の専用のビデオを5分少々、ご覧になり

    緑内障について詳しく知ってもらう所から始めていきます。

     

    次回の来院時には、視野検査という見える範囲を詳しく調べたり

    緑内障の進行具合をチェックする検査を受けていただきます。

     

    そして診察で医師から、検査結果や詳しい説明があります。

    月に1回は受診をして、眼圧検査や眼底検査など変わりがないかチェックしていきます。

     

    「緑内障」は医師の指示に従って、定期的な受診をおこたらず

    じっくりと治療に取り組むことがとても大切です。

     

    相談したいことや分からないことがありましたら、

    早めの検診もかねて是非、いらしてください。^^

     

     

     

     

     

ページTOPへ