• ごあいさつ
  • 診療案内
  • 院内案内
  • アクセス
  • お知らせ
  • コラム
  • 職員募集
トップページ

院長コラム

  • 2017.03.30

    消えた花粉症のヒミツ

    37

    こんにちは院長の岩本です。

     

    「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉通り 暖かく陽気がよくなってきました。

     

    近日クリニック近くの新境川沿いでは毎年恒例の さくら祭り が始まりますので、気持ちだけは 「いよいよ」 という感じで高揚してきておりますが、現在さくらのつぼみはまだ硬いので、開花の模様は次回投稿者に譲りたいとおもいます。

     

    また、現在は花粉症の最多期なので、目のかゆみ 充血などの患者さんが毎日多数来られます。

    私自身は目だけではなくて鼻もひどい花粉症だったため良く分かるのですが、いつも鼻づまりで寝るときは苦しくて最悪でした。

    日中は水鼻がしたたり落ちるために鼻にティッシュを詰めて(それを隠すために)マスクをして…の日々でした。

     

    しかし、今年の花粉は例年よりも多いにもかかわらず 今までとは比べ物にならないほどの状態で、「花粉症が消えた!」と思うほど目のかゆみも鼻づまりも何もありません。

     

    これはすごい!

    消えた花粉症のヒミツ…

     

    それは、舌下免疫療法という治療です。

     

    簡単に説明すると

    「微量のスギ花粉のエキスを毎日 口に含むことで体をスギ花粉に慣れさせる」

    という治療です。

    DSC_0108

    毎日口の中にエキスを垂らすだけの手間要らずで超簡単なものですが、花粉症の時期ではないときも一年中エキスを垂らし続けなくてはいけません。

     

    とはいえ、こんな簡単なことで花粉症状がなくなるのであればお安いものです。

    もちろん保険適応の治療です。

     

    次のシーズンに向けての治療は完全にスギ花粉が終わってから(恐らく5月下旬頃)投与開始になります。

     

    花粉症状がひどい 薬を色々と試したが駄目だった、などの症状の方は一度ご相談ください。

    これからも皆様に喜びを感じていただけるように努力していく さくら通り岩本眼科 をどうぞよろしくお願いいたします。

     

    ps 稀勢の里 優勝おめでとう

ページTOPへ