• ごあいさつ
  • 診療案内
  • 院内案内
  • アクセス
  • お知らせ
  • コラム
  • 職員募集
トップページ

院長コラム

  • 2021.01.16

    白内障について

    120

    こんにちは、看護師の尾です。今年の冬はとても寒いですね!体調が崩れないようにお体に気をつけてお過ごし下さい。

    今回は、「白内障」についてお話したいと思います。

    白内障とは、目の中のレンズの役割をしている水晶体が濁ってくる事をいいます。主な原因は、加齢によるもので

    60歳代で約70%、70歳代で約90%、80歳代で約100%と誰にでもおこってきます。

    ・メガネが合わなくて作り変えようとしたが、度数矯正できないとメガネ屋さんに言われた。

    ・運転免許の更新が近いけど、視力は大丈夫かな? というきっかけで受診されるケースが多いです。

    白内障は徐々に進行していくため、初期はほとんど自覚症状がなく、進行すると目がかすむ、ぼやけて見えにくい、

    物が2重・3重に見える、まぶしいなどの症状が出てきます。そのため、症状がなくても受診していただくことをおすすめします。また、白内障の状態を定期的に診ていくことも大切です。

    初期であれば、点眼薬で進行を遅らせることができます。症状が進んで日常生活に支障をきたすことが多くなると手術になります。当院で手術を希望された場合は、手術受けるまで約1~2ヶ月です。早めにご相談されることをおすすめします。手術のタイミングや時期などは、医師と相談しながら決め、スタッフ一丸となって患者さんのサポートすることを心がけています。白内障や手術のことで分からない事がありましたら、お気軽に相談してくださいね。当院のオリジナルパンフレットがありますので、お越しの際はぜひお手にとってご覧下さい。

    画像1枚目→(受付側)外待合室、2枚目→受付にパンフレット置いてあります。

     

     

     

     

     

     

     

    話が変わり、私事ですが綺麗な字を書きたいというきっかけで最近ペン字の練習を始めました。字のとめ、はね、はらいなど意識して繰り返し練習ができるので、最後までやり続け綺麗な字を書けるように頑張っていきたいです。

ページTOPへ