• ごあいさつ
  • 診療案内
  • 院内案内
  • アクセス
  • お知らせ
  • コラム
  • 職員募集
トップページ

院長コラム

  • 2020.08.27

    流行性角結膜炎について

    114

    こんにちは。はじめまして、受付・検査の北村です。

    毎日暑い日が続き、今年はマスクをして外出することが多くなりましたね。水分補給をしっかりとして熱中症には特に気をつけてお過ごし下さい!

     

    今日は、「流行性角結膜炎」についてお話します。

    流行性角結膜炎は、

    ●かゆみ ●充血 ●めやに ●異物感 ●涙が出る ●まぶしく感じる などの症状が現れます。

    流行時期は、8月を中心としますがウイルスは年中活動しているため、夏以外に流行する場合もあります。

    通常は、1・2週間かけて少しずつ改善しますが、炎症が強い場合は黒目に白い斑点が出て、かすんで見えることがあり、点眼での治療で消えるまでに数ヶ月かかることもあります。

     

    もし、自分や家族が流行性角結膜炎に感染してしまったら・・・

    ・目をこすったり、触らない

    (めやにや涙が出る場合は、ティッシュペーパーなどの使い捨てのもので拭き取り、すぐに捨てましょう。)

    ・タオルは共有しない

    ・石鹸や流水での手洗いをこまめにする

    ・人混みへでかけない

    ・お風呂は感染した方が最後に入る など・・・

    感染力が強く、手指やタオルなどからの接触により容易に感染してしまうため、これらのことに気をつけて感染が拡大しないよう、少しでも気になることがあれば早めの受診をオススメします!

     

    今年は、流行性角結膜炎の症状で来院される方が少ないです。

    それは、コロナウイルスにより皆さんが人混みを避けて外出するのを控えたり、手洗いをしっかりとするなどの対策をされているからだと考えられます。

    コロナウイルスの対策とともに、流行性角結膜炎の感染対策もしていきましょう!

     

     

    話は変わり、私事ですが先日ひまわり畑に行ってきました!

    とても暑く、長時間外に出ているのは厳しかったのですが、すごく綺麗でお花を見て夏を感じることができたのでよかったです!

     

ページTOPへ